ラジカルS1
 

日本のウイルス対策に。

新世代の除菌・抗菌・消臭スプレー、
ラジカルS1/EX、新登場。

99.9%の除菌性能だけでなく、抗菌作用が、長時間つづく。これが、真の除菌力です。
ラジカルS1は、経済産業省所管の産業技術総合研究所が開発した「活性光触媒」技術を進化させた新世代の除菌・抗菌・消臭スプレーです。
ほとんどのウイルスや細菌を分解除去。24時間以上、抗菌効果を持続します。
さあ、これからは『リアル除菌』の時代。日本のウイルス対策に、ラジカルS1を。

 
 

驚異的な除菌力を持つ
『新型光触媒』とは

光触媒とは、光のエネルギーによって物質の表面に活性酸素を発生させるコーティング皮膜です。
ラジカルS1はこの光触媒を活用した新世代の除菌剤です。
コーティング皮膜に含まれる酸化チタンが光を受けると電子反応を起こし、OHラジカルという物質を発生させます。
OHラジカルは触れる有機物を酸化分解し、水と二酸化炭素に分解する性質を持ちます。 だから、ラジカルS1は、ウイルスや菌などの有機物を分解し不活化できるのです。

この除菌作用は光が当たるたびに24時間持続するため抗菌効果があります。同じ原理でホルムアルデヒドやカビなどの有害物質を分解。さらに、アンモニア臭、タバコ臭などの原因物質を分解除去します。
ラジカルS1では、太陽光・室内光等の微量の光でも反応する「可視光新型光触媒」を採用。より進化した除菌・抗菌・消臭スプレーです。

光触媒の作用は成分である酸化チタンがはがれない限り持続します。つまり拭き取らなければ効果が続くのです。
拭き取る必要のない場所はそのままにしておくと、抗菌・消臭効果は持続します。アルコール系の除菌剤が噴霧後、揮発すると作用が無くなってしまうのと対照的な技術といえます。
光触媒は、その抗菌効果の持続性の高さから外壁塗装や室内装飾に長らく用いられてきた技術です。

新型コロナウイルスの99.9%除菌を実証(奈良県立医科大学)

2021年7月、奈良県立医科大学医学部微生物感染症学講座の研究チームにより新型コロナウイルス (SARS-CoV-2)に対する不活化効果の評価実験が行われました。その結果、Radical S1の除菌率は99.9%を超えるものであり、新型コロナウイルスの接触感染防止に有効であると判定されました。液剤系の光触媒除菌剤として唯一、新型コロナウイルスに対する不活化のエビデンスを取得しました。

>>新型コロナウイルス不活化に関するエビデンスについては、こちらをご覧ください。

除菌、消臭はもちろん『総合力』で選べば『新型光触媒』です。

 
  ラジカルS1 次亜塩素酸ナトリウム(塩素系) エタノール(アルコール系)
殺菌力 強い
強毒性のウイルスにも強い
(O-157、ノロウイルス他)
徐々に弱くなる
ph変化で殺菌力低下
対応菌種が少ない
強い(条件あり)
強毒性の菌種に弱い
大量散布が必要
耐性菌 生じにくい 生じやすい
劣化が早く
リスクが常にある
生じやすい
現状、高濃度で対応
消臭力 効果あり phによる消臭のみ
臭いの揮発性を
無くすのみ
ほとんど無し
香料による
芳香剤的な効果のみ
安全性 安全
食品添加物成分
皮膚刺激性テストに合格
微 妙
皮膚炎、手荒れ、
アレルギーの危険性あり
要注意
高濃度の場合、
保管・使用に注意が必要
保存期間 長い
開封後1年間
未開封なら5年間
短い
開封直後から劣化
約3ヶ月で効果消失
要注意
約1年間も揮発劣化あり
保管に注意が必要
 

ラジカルS1の実力は『数字』が証明してくれます。

 
除菌検査結果
微生物 初期菌数

5分後

1時間後 3時間後 6時間後 24時間後
大腸菌 1.0x10-5 7.0x10-3 0 0 0 0
サルモネラ菌 1.3x10-5 9.0x10-3 0 0 0 0
黄色ブドウ球菌 1.1x10-5 7.6x10-4 1.0x10-3 0 0 0
 
 
消臭検査結果
測定ガス ガス濃度(ppm)
初期濃度 5分後 1時間後 3時間後 6時間後 24時間後
アンモニア臭 72 8 0.5以下 検出せず 検出せず 検出せず
ホルムアルデヒド 29 8 2 1.6 1.4 1.1
ラジカルS1による除菌・消臭性能検査結果(検査機関:埼玉県産業技術総合センター)
 
除菌スプレーは『数字』で選びましょう。
 
ご家庭で、オフィスで、公共施設で、お使いいただけます。
『新型』『新世代』と名乗るのには、それなりの理由があります。
99.9%の除菌力
臭いの元から完全消臭
24時間の持続効果
1年間使用可能
5年間長期保存
幅広い対象物
安全・安心成分
 
驚異の除菌力。ほとんどのウイルス・菌を不活化。

ラジカルS1/EXは、対象物に吹きかけるだけで、インフルエンザウイルス、ノロウイルス、O-157、大腸菌、MRSA、新型コロナウイルス(COVID-19)など、代表的なウイルス・菌を不活化します。その秘密は新型光触媒。光に反応し、高酸化力で有機物を分解除去。感染症対策の重要性が増す中で、新しい日常の必須アイテムと言えます。

※すべてのウイルス・菌に効果があるわけではありません。

 
臭いの元となる物質を分解するから高い消臭効果。

アンモニア臭(尿臭)、タバコ臭等の消臭に優れているだけでなく、ホルムアルデヒドなどの有害物質も、新型光触媒の力で分解除去します。
塩素系の除菌剤ではph により臭いを中和させることにとどまるのに対して、ラジカルS1は、臭いの元の原因物質を消し去ることで、確実な消臭効果を実現します。

※消臭効果はすべての臭いに有効ではありません。

 
スプレーするだけで抗菌サイクルが24時間続きます。

アルコールや塩素は成分が揮発し、その瞬間から菌が増殖するのに対し、ラジカルS1の光触媒の成分は揮発することがなく、ウイルス・菌などの有機物を吸着。光が当たるとそれらを酸化チタンが水と二酸化炭素に分解除去します。微量でも光があれば、この吸着→分解→除去のサイクルが最低でも24時間続きます。

 
強力な除菌・消臭効果が長期間持続します。

塩素系の除菌消臭剤は、使用開始から約3ヶ月で効果が減少していきます。
保管状況によっては容器内で雑菌が繁殖することもあります。アルコール系も開封後から揮発がはじまり、それに伴って除菌力も落ちていきます。ラジカルS1は、使用開始(開封後)から最低でも1年間、除菌・消臭ともに変わらない効果を維持します。

 
災害対策の備蓄品としてもお勧めします。

アルコール系の除菌消臭剤は、揮発性が非常に高いため、保存の際、高温や火気に細心の注意が必要になります。塩素系のものは長期保存に適しておらず3ヶ月程度で除菌効果は半減します。
新型光触媒が主成分のラジカルS1は、温度変化に強く、70℃までは効果に変化がなく、最長で5年間の保存が可能です。

 
アルコール・塩素不使用だから安心・安全です。

ラジカルS1の主成分は、米国FDA(食品医薬品局)の取得実績があり、日本でも食品添加物として使用が認められています。ノンアルコールで塩素不使用。 日本食品分析センターの皮膚刺激試験に合格しており、手肌の荒れが気になる方、そして、お子様からお年寄りまで安心してお使いいただける除菌・抗菌・消臭剤です。

※アルコール30%含有のラジカルEXは速乾性重視ですので
靴やカーテンなど使い分けをお勧めします。

対象物を選ばないから、幅広くお使いいただけます。

塩素系の除菌剤では対象物によっては脱色や腐敗のリスクがありますが、ラジカルS1は、ほとんどの対象物に使用が可能です。これまで使用が困難であった繊維、プラスチック、紙などにも使用できます。また、蛍光灯やLED照明の下でも反応するため、効果の出にくかった紫外線の少ない室内・車内でも除菌・消臭性能を発揮します。

 
あらゆるシチュエーションでラジカルは活躍します。
 
ご使用上の注意
 
ご購入はこちら
 

お問合せは下記のフォームからお願い申し上げます。

 

お問合せフォームへ
 
 
 

このページのトップに戻る